子どもの肌にもやさしいムダ毛処理の方法ってある?

子どもの皮膚は薄く柔らかく刺激に弱いので、慎重になるお母さんも多いでしょう。
私もその一人。

色々と調べて最終的に選んだのは、「除毛」+「抑毛」という形でした。

 

 

「除毛」どんな風に毛を除くの?

除毛というと、ワックスやピーリングとかテープとか、
皮膚の上に粘着性のあるも物をのせて、毛と一緒に一気に剥がすという方法もありますが
痛みを伴うのがほとんど。
どう考えても肌にダメージはあるだろうなぁと、感覚的に完全にスルー。

 

そんな中、「除毛クリーム」というの目に入りました。

塗って → 放置(5分~10分) → 拭き取り → 流す という簡単な方法。

いくつかの商品のレビューを確認すると、仕上がり肌がしっとりスベスベ。
子どもでも使用可能の記載ある商品にめぐり逢いました。

 

その商品はこちら ⇒ 無敵のツルすべ肌に!

 

でも、肌の表面の「毛を溶かす?」という感覚と肌への負担に疑問持った母は

疑問を解決していくことになります。

 

その内容はこちらで ⇒

 

 

「抑毛」って?

抑毛は、毛が生えるのを抑制する方法。
ローションやゲルタイプが多いですね。

瞬時に結果が出る訳ではなく、使い続けて…という感じなので即効性には欠けます。
でも、小さいお子さんから使える製品が多いのもの確か。

 

よく耳にされるものは、こちらかと思います。

天然成分にこだわる鈴木ハーブ研究所の ⇒ 肌にやさしい!パイナップル豆乳ローション

除毛・カミソリと併用していくと、処理サイクルが長くなっていく可能性は大。

 

 

カミソリを使用して剃るときの注意点

こんな処理法はタブー

✖ 何度も同じ部分を剃る。
剃り残しがないように、何度も剃ってしまうと肌へのダメージが大きくなります。

✖ 1ヶ月以上同じカミソリを使っている。
刃の切れが悪くなり、力が入ってしまい、肌が傷つきやすくなる。1ヶ月に1度は変える。

 

カミソリ負けをしない方法

✿ お風呂に入り、肌を柔らかくする。
肌が柔らかくなると剃りやすくなり、肌への負担が軽くなります。

✿ 剃る前に潤滑油のようなカミソリの滑りが良くなるものを使う。

✿ 剃った後は、クリームやローションで保湿。

✿ 毛の流れに沿って剃る。

✿ 冷たいタオルなどて冷やす。
肌の鎮静作用を促します。 冷たいシャワーでも可。

 

電動シェーバーはどう?

電動シェーバーを使うという方法もあります。

こちらは、全身に使えてお風呂でも使用出来るという利便性があります。

気になる方はこちら ⇒ レディースシェーバー

ただし、同じように処理前処理後のケアをしないと
カミソリ負けと同じような症状になる可能性もあります。

 

 

子どもにも優しい「脱毛」方法ってある?

脱毛というと痛かったり、熱かったりという心配がありますし
「ホルモンバランスが整っていない子どもが出来るのか?」
という心配も出てきます。

そんな中、痛くない3才から出来るサロンがあったんです。

 

「3才からできる」というのには、私も驚きました。
悩みに年齢は関係ないのですね。。。

 

こちらのサロンは、ドクターサポートと提携していて
安心安全のサポートを心がけているそうです。

気になる方はこちらから ⇒ 【キッズ脱毛ディオーネ】

 

まとめ

母として娘の為に選んだのは、
「除毛クリーム」+「抑毛ローション」というかたち。

なぜなら、カミソリとかシェーバーとか刃物を肌に触れさせたくないと思ったのと
田舎に住んでいるので、そう簡単には脱毛サロンには通えないこと。

とはいっても、クリームやローションの成分も安心安全なも物でないと意味はないので
その辺を重視して調べます。