修学旅行目前!ムダ毛処理はどうする?

修学旅行となると、たくさんのお友達と長い時間一緒に行動する事になりますね。

 

楽しさ倍増!

 

と、同時に長い時間を一緒に過ごすからこそ
お友達の良いところ、ちょっと気になってしまうところ…

色々と出てきてしまうのではないでしょうか?

 

ちょっとした所から、毛深さを気にしたり、気にされたりと

想定外の事が出てくるかもしれません。

 

お年頃の多感な時期の女子ですから、
何があってもおかしくないともいえますね。

 

それがきっかけになって、イジメに発展することだってあるかも…。

そんな心配をしている我が娘がここにいます。

 

不安材料を持ったままの修学旅行は、楽しさ激減。

 

髪を整えたり、清潔な服装をする事と同じように

身だしなみの一つとして、ムダ毛のお手入れもしてみてはどうでしょう?

 

娘の笑顔が想像できますね。

 

 

中学生女子はどんな方法がいい?

娘は、母(私)に内緒でカミソリでムダ毛を剃っていました。

 

結果、カミソリ負けを起こし、

カサカサの乾燥肌のようにも見えるし

テカテカのビニール肌のようにも見える

ちょっと…という感じの肌になってました。

 

ムダ毛処理に関しての相談をしにくかったようです。

 

そんな娘の為に、母が選んだムダ毛処理の方法は

 

除毛です。

⇒ 除毛を選んだ理由は、こちら。

 

娘は、既にカミソリ負けを起こしていたので
それ以上、肌へのダメージは与えたくないという思いから選んだ品です。

 

 

ポイントはお手入れするタイミング!

除毛は脱毛と違って、肌表面のムダ毛を除く方法。

 

肌の中にはちゃんとその続きが残っていて

時間の経過につれて、肌の表面に現れ、目につくようになってきます。

 

髪や爪が伸びて来るのと一緒です。

 

毛の成長は、個人差がありますから一概には言えませんが

気になってくるのは

 

早くて3日、平均1週間ぐらいかなぁ…という感じです。

 

ということは、

修学旅行前日に処理をすれば

2泊3日の修学旅行の間は、安心して過ごせるって事ですね。

 

もし、ちょっと気になって来たとしても

カミソリで剃った訳ではないので

剃った後の毛の断面そのものが伸びて、チクチクするということは無いですし

目立ちにくいので、その点は安心できるかと思いますよ。

 

 

まとめ

ムダ毛のお手入れは、修学旅行直前に。

除毛クリームを使えば、もし生えて来たとしても目立ちにくい!

 

ただ、いくらやさしいと言われている物でも

個人差がありますので

必ずパッチテストを行ってください。

 

パッチテストをする期間を考えて

時間に余裕を持って、用意すると安心ですね。