子どもが小さい頃から毛深くなる理由は(多毛症などを除く)大きく分けると2つ。

・遺伝

・生活習慣によるホルモンバランスの崩れ

 

遺伝に関しては、お父さんお母さん、又は祖父母に毛深い方がいらっしゃれば
なんとなく想像できますよね。

そして、対策が困難な事も承知して頂けるところかと思いますが
生活習慣に関しては、少し努力出来るところがありそうです。

そこに気づいてあげていれば、中学生になった娘もちょっとは違っていたかも…
と反省し、今からでも気をつけてあげようと思う私です。

 

 

子ども毛深さに、生活習慣も関係してくる?

子どもは、ホルモンバランスがまだ整っていない状態。

・ストレス
・睡眠不足
・肉、糖分の多い食事
・化学調味料の多い食事
・過激なダイエット

これらが、ホルモンバランスを崩し、男性ホルモンを優位にしてしまう事で
毛深くなる要因になっているそうです。

 

その他に

・紫外線

こちらは、紫外線から肌を守ろうとする自己防衛。
身体が正しく反応をしている結果といえますね。

子どもが使えるUVクリームもありますが、
お洋服でも、UV効果を発揮するものもあります。

小さければ小さいお子さんほど皮膚は敏感ですので
負担の掛からないよう、お洋服選びも心がけたいところですね。

 

 

毛深さ改善の為に、生活習慣の見直しと食事でお手伝い。

ホルモンバランスの崩れを改善するために

・子どものストレスが溜まらないよう、よく話を聞いてあげたり
・質の良い睡眠が充分にとれるように心がけ
・化学調味料をなるべく避けたバランスの良い食事に気をつけ

 

ここにプラスしてとって頂きたいのが、大豆イソフラボン

 

大豆に含まれるイソフラボンは、体内で女性ホルモンと似た働きをしてくれるので、
体質を改善する為に、食事に取り入れる事をオススメします。

納豆・味噌・きなこ・豆腐・豆乳…など。

 

そう、更年期を迎えた女性もよくオススメされる食品ですね。
ママにはまだ早いかもしれませんが、
キレイを保つ為に率先して摂って頂きたい食品です。

 

 

まとめ

子どもの毛深さを改善するためには、女性ホルモンが優位になるように

✿ まずは生活習慣を見直し

✿ バランスの良い食事を心がけ

✿ 大豆イソフラボンを積極的に食事に取り入れて行くこと

が大切。

✿ 紫外線対策も忘れずに

 

可愛い子どもの笑顔のために、一緒に頑張ってみましょう!